世界で人気がある高速鉄道


 

ドイツのICE

フランスのTGVと長年ライバル関係にあると言われているのが、ドイツのICEです。最高時速320kmなのでTGVや日本の新幹線と変わらないスピードで走行します。1991年に開業したICEは、工業国ドイツの知識と技術を結集させて造られました。

乗車する人が快適に移動することができるように、車輌の内部が気密構造になっている特徴があります。これは快適性だけでなく防音性にも優れているので、ICEは他国の高速鉄道と比べても静寂性が確保されています。

ICEは国内だとミュンヘン、フランクフルト、ケルン、ベルリン、ハノーバーを行き来することができます。さらにフランスのTGVと同様に国内だけでなく、隣国のオランダ、スイス、フランスなどにもICEの車輌で行くことができます。観光やビジネスなど多くのドイツ人だけでなく、隣国に住んでいる人も利用している高速鉄道です。フランクフルトとハンブルク間を約3時間35分、フランクフルトとミュンヘン間を約3時間10分、ベルリンとケルン間を約4時間20分で行き来することができます。

ICEの特徴として多くの本数が運行されています。1時間に1本以上運行しているので、思い立ってすぐに移動することも可能です。自分のタイミングで利用することができるのは大きなメリットです。